「α線」を活用し、がんを治療

イスラエルの企業が医療分野で日本市場に進出しつつある。医療機器関連企業のアルファ・タウ・メディカル(テルアビブ)はヘカバイオ(東京都港区)と組み、2021年にも日本で放射線を使った医療機器を発売する。乳がんや皮膚がんなどの固形がんの患者向け。放射線の中でエネルギーが強く、周囲の細胞を傷つけにくい「α線」を活用する医療機器は珍しい。

出典元:日本経済新聞 2018年8月19日朝刊