多発性骨髄腫、狙い撃ち免疫療法の実験に成功

血液癌の一種「多発性骨髄腫」の細胞だけを攻撃し死滅させるマウス実験に、大阪大で成功したとのこと。

骨髄腫細胞の表面で異常に増加しているタンパク質を標的に攻撃する免疫細胞を、遺伝子操作を理由して対外で作成し、増やしてから体内に戻す免疫療法「CAR-T細胞療法」として実用化する計画で、2019年度の治験開始を目指しているとのこと。